住民参加型 北海道の「道」づくり - 北のみち普請 オフィシャルWebサイト

Top > 活動の横顔 > 詳細情報


<活動の横顔>団体紹介

【神恵内村】神恵内村魅力創造研究会

市町村名 神恵内村
代表者 松本 遊
登録団員数 24名
取り組み開始時期 2012年9月1日
活動のきっかけ 神恵内村の活性化
活動の範囲

・フェイスブックを活用した情報発信

・郷土料理を中心にしたイベント

・盆踊りの復活と神恵内音頭を継承するイベント

取り組みの効果
地域の変化

・観光客の増加

・地域活性化に対する住民の意識が高まった。

・交流人口の拡大

その他・PRなど

【神恵内村魅力創造研究会 フェイスブック】
https://www.facebook.com/kamoenaimiryokusouken


●春のイベント【前略 道の駅から】
神恵内の旬の食材をふんだんに使った郷土料理を振舞います。 (マスカレー、たけのこ煮たやつ、マスのあら汁など)
他にも白つぶつめ放題や大抽選会、前浜直送の魚介類の販売などイベントが盛りだくさんです。

  • 022-1
  • 022-2
  • 022-3

●夏のイベント【神恵内魅力まつり】
このイベントは、人手不足のため22年間途絶えていた「盆踊り」を平成25年に「神恵内魅力祭り」として復活させた取り組みです。
子供からお年寄りまで気軽に参加できる「盆踊り」や名物「神恵内音頭」のほか、焼ホタテなど地元の海産物等を使ったメニューを提供する「ビアガーデン」を開設します。

  • 022-4
  • 022-5
  • 022-6